築古物件をリノベーションして高く売る!「リノ売り」サービスのご紹介

リノ売りとは?

リノ売りとは、当社が売主様の費用を立て替えてリノベーションしてから販売」することで、高値・早期の売却を実現するサービスです。

築30年以上の古いマンションは、売りに出してもなかなか売れず、3割は買取業者に安く買い叩けれ、4割は結局売れずに売れ残るというのが現実です。

当社では、そのままではなかなか売れない築古物件を、リノベーションして価値を上げることで、高値・早期売却をサポートします。

リノ売りの詳細はこちら>>

 

築古物件売却の真実!築古物件がそのままでは高値で売れない理由

 

①名古屋市内の築30年以上のマンションの30%は業者に買い叩かれている

 

現状、名古屋市内の築30年以上のマンションの成約は、30%以上が買取業者によるものです。

買取業者による買取価格は相場の70~80%です。つまり1000万円が相場の物件であれば200~300万円も売主は損をしているというこちになります。

 

②名古屋市内の築30年以上のマンションの成約率はわずか23%

名古屋市内の築30年以上のマンションは、販売された件数に対して一般仲介で成約した割合はわずか23%です。また、実際に成約する物件数に対して、新規で販売される物件の方が圧倒的に多く、在庫過多の状態が続いています。

そのため、築30年以上の物件のうち、一般仲介で売れるのは4件に1件以下であり、残り30%は業者に買い叩かれ、残り45%以上は売れ残っているというのが現実なのです。

 

③築古物件が売り残る理由 ~ 「高受け」する仲介業者の問題

当然のことながら、多くの売主は高い査定を出してくれた仲介業者に売却を依頼します。

そのため、仲介業者はそれを逆手にとって、あえて相場よりも高めに査定し、とりあえず売却の依頼を受けようとします。それで売れなければ後から価格を下げれば良いと考えるのです。( つまり仲介業者の査定はあまり意味がないのです)

結果的に、相場より高くて売れない物件が市場に残り、最終的に安く買い叩かれるという問題が発生しているのです。

 

④なぜ、買取会社に安く買い叩かれてしまうのか? ~ 買主と仲介業者の視点

築古物件は一般客が買いづらいのが実情です。理由としては、古くて見た瞬間の印象が悪い、設備や構造の心配、リフォーム後をイメージできない、リフォーム予算が分からない、ローンが通りづらい、売出物件が多く価格競争になりやすい、という点が挙げられます。

また、仲介業者の視点から見ても、築古物件は単価が低いうえに売りづらいため広告費、労力をかけられないというのが本音です。

 

⑤仲介業者の本音 ~ 業者買取の方が楽だし儲かる

実は、仲介業者の立場から見れば、買取業者に買ってもらった方が楽なのはもちろん、報酬としてもその方が儲かる仕組みになっているのです。

仲介業者は、買取会社に買ってもらえれば、再販する際にもう1回仲介できるため、2回分の仲介取引が可能となり仲介手数料が2倍になります。

そのため、ただでさえ売りづらいうえに手数料の低い築古の安い物件は、「買取業者に買ってもらいたい」というのが仲介業者の本音なのです。

 

⑥買取の問題点 ~ 余分な経費が発生することで安く買い叩かれてしまう

買取業者が一度買い取って買主に再販売することで、所有権を2回移転させることになります。

その結果、税金や仲介業者への手数料など、余分な経費が発生し、経費は結果的に売主と買主が負担していることになるのです。

それが普通の売却よりも買取の方が安くなってしまう真の理由なのです。

 

 

リノベーションして高く売る「リノ売り」

「買主の目線」で買いたくなる物件を作れば、築古でも必ず売れます!

「きれい」+「安心」で買主の不安を払拭すれば、築古でも「売れる物件」に変身させることができます。

また、インスペクション(住宅診断)、ホームステージング(家具設置)など付加価値を付けることで、買主が「高くても買いたい理由」を作ります。

リノベ費用は売れるまで当社が立て替るから、売主様の資金負担はありません!

 

リノ売りのサービスとメリット

①リノベーション費用立替

当社が売れるまでリノベーション費用を立て替えるので、売主様の負担はありません。

②「売れるリノベ」内容をご提案

物件ごとにターゲットを明確にして、最小限の費用で「売れるリノベーション」を実施します。

③インスペクション(住宅診断)実施

事前にインスペクションを行うことで、買主の不安を払拭して売りやすくすると同時に、売主様の瑕疵担保責任リスク(売った後の物件の問題による違約金リスク)を低減します。

④ホームステージング(家具設置)

リノベーションしたうえで、更に家具を設置することで、買主の購入後の生活をイメージしやすくし、購入につなげます。

 

事実!リノベ物件と一般物件の㎡単価の差は平均8万円 → 70㎡で560万円の差

リノベーションをすることで、実際にこれくらい売れる金額が変わります。

リノベーションすることにより、「きれいで安心な物件」になることはもちろん、ターゲットに合わせたオンリーワンの物件を作ることで、他の物件と差別化して価格競争を避けることが可能です。

物件の特性やお部屋の広さによっても変わりますが、大まかに言うと「400万円リフォームして500万円高く売る」がリノ売りの目安になります。

 

リノベーション+インスペクション(住宅診断)で、売主様も買主様も安心

※「ホームインスペクション」とは、住宅の状態を専門家が検査して、劣化している箇所や欠陥の有無があれば報告し、修理についてのアドバイスなどをすることを言います。

リノ売りは、「インスペクション実施済み物件」として売り出すことが可能で、築古物件でも反響の増加、成約率の向上を見込むことができます。

また、事前に問題があれば特定できるため、売った後のトラブルや損賠賠償リスクを低減することができます。

 

ホームステージング(家具設置)で「販売期間短縮」と「価格アップ」を両立

※「ホームステージング」とは、売り出し中の家やマンションの室内を家具や照明、小物やグリーンなどでモデルルームのように室内を演出するサービスです。内覧に来た購入希望者に「ここに住みたい!」と、良い印象を与えることによって売却をスムーズにします。

ホームステージングを実施することで、「販売期間短縮」と「価格アップ」を両立できます。また、買主が希望すれば「家具のセット購入プラン」も提案し、他の物件と差別化を図ります。

 

まず無料査定をご利用ください

・自分のマンションは普通に売却した場合とリノ売りでどこのくらい差が出るのか?

・リノベーションに掛かる費用はいくらくらいで、いくら得するの?

と思ったら、まずは無料査定をご利用ください。売却額とリフォーム費用のシミュレーションをさせていただきます。

 

メルマガの最新記事

全国対応 専門家無料紹介サービス 相続・離婚・債務整理・農地転用など複雑な不動産の手続きも全面サポート!